スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BBW2!

fuka8457.jpg

千葉テキスト

今月末の耽美会DVDは吉岡サキちゃんの再調教と紫ふうかちゃんの調教記録をお届けする予定ですが 、ふうかちゃんについて少し紹介しておきましょう。
Gカップのグラマラスな体に似合わぬ、人懐っこい笑顔、それがふうかちゃんの第一印象でした。
そんなふうかのm性を強く感じたのはパンティをずらし、掌でスパンキングした時。ふうかの体から力が抜け縄に全体重を預けてきたのです。
その表情はまるで肌に食い込む縄の感触を味わい噛みしめているようでした。
こんなM性を見せつけられて、私のSの血が沸ったのは、言うまでもありません。スパンキングする手に力がこもり鼻フックの引っ張り方も半端では無い。尻に青痣をつけてはいけない、鼻腔壁を傷つけてはいけないと自戒するほどでした。


Gカップの彼女ですから勿論、耽美会独特の乳房基部絞り上げもたっぷり見られます。全編の半分以上は彼女の巨乳はひょうたんのように縊れ上がって居るでしょう。
面白いのは乳首クリップと鼻フックを連結した責めでした。
鼻フックを引き上げると鼻頂は眉間近くまで引き上げられクリップに潰された乳首も顎の横まで引き伸ばされる。何時の日か、鼻輪奴隷を得た時にこの責めを試したいと思っていました。
私は爆乳縛りと蝋燭はセットと考えていますが、基部を締め上げた上、十字に縄掛けをしちまきのようになった乳房を蝋で埋め尽くした上で久々のアナル燭台を試しました。


実はふうかはこれがSM初体験なのです。
鼻責め浣腸は勿論、緊縛も初めての事だったのです。
おそらくふうかは、これほどのM成熟したこれまで持て余し悶々としていたのでしょう。そしてここでこの時と、一気にそれを開放したのではないか・・・。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉曳三

Author:千葉曳三
数十年の歴史を持つ、SM愛好者の集い「耽美会」主宰。
また、縄師・監督・キャスト・文筆業とそのSM活動はアングラからメジャーまで多岐に渡る。
最近は「鼻責め」ジャンルに特化した調教がメイン。
器具や鼻フックは全てハンドメイドで、顔枷や口枷などと連動させ、高度な責めの追求に余念が無い。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。